夏に子どもがいちばん読んだ英本「カ どこいった?」

ブックレビュー

  • タイトル: カ どこいった? 
  • 小学館
  • 作・絵 鈴木のりたけ   
  • 文字量: 1ページあたり20文字程度
  • ハードカバー

ブーーーン

表紙に描かれた蚊の絵、見ているだけで痒くなります。

夏になると、お祭りや公園遊びなどの野外で、知らないうちに刺されしまいますよね。

子供にとっては天敵の蚊。この絵本のあらゆる箇所に登場します。

文字が読めない小さなお子さんでも、「蚊はどこにいる?」と聞くと、絵本の中を隅々まで見て、どんなに小さな蚊でも見つけようとします。

絵本の中のリアルに描かれた蚊を追っかけて、パチンパチンと叩きながら読み進めていけます。

蚊の潜んでいる場所がどんどん難しくなっていきますが、子供は観察力と集中力を発揮して、どんな蚊でも見つけてくれると思います。

夏の時期にぴったりの絵本です。