肌寒くなってきたので蒸篭蒸し料理が手放せません

くらし

こんにちは、kokoto です。

日中はまだまだ汗ばむこともありますが、朝晩は肌寒く感じることも多くなってきました。
この時期になると、毎日大活躍の調理器具があります。

蒸籠(せいろ)です。
中華街で肉まんなどを蒸している様子を見たことがある方も多いと思います。

蒸籠はとても使い勝手がよく、何よりも野菜やお肉の甘みを引き出してくれるので、余計な調味料が不要です。

愛用歴10年ほどのわたしが感じたメリットなどをご紹介します。
購入を迷われている方や、メンテナンス方法が気になる方は参考にしてみてください。

電子レンジの代用に

温めに使っている電子レンジの代わりに、蒸籠を使っています。
冷えたごはんを蒸籠で蒸すだけで、水分を含んで、炊きたてのようなおいしさで驚きました。

旬のとうもろこし、さつまいもも、蒸籠を使うだけで甘みが増します。
子どもたちのおやつにぴったりです。

パン好きには一度は使ってほしい

蒸籠を購入したきっかけは、実はベーグルです。
当時、ベーグルにはまっていて、パン屋さんに行くたびに、いろいろな種類のベーグルを試していました。

ある日、ベーグル専門店の方から「蒸籠で蒸すとさらにおいしいですよ」と聞いたことをきっかけに、安い蒸籠蒸し器を購入しました。

試してみると、ベーグルのモチモチ感が増し、驚きのおいしさでした。

パン好き、特にベーグル好きの方には試してもらいたいです。

お手入れは簡単です

蒸籠を使う理由のひとつに、メンテナンスのしやすさがあります。
注意することは、よく乾燥させることです。

わたしは蒸籠の見た目も好きなので、食器棚にはしまわずに、そのまま吊して収納しています。使った後に洗い、余計な水気を切って、そのまま吊すだけなので、手間もかからず簡単です。

なるべく風通しのよい場所に置くことも大切です。

冬の大敵、乾燥対策になります

蒸籠から出る蒸気で、キッチン周辺はいつも乾燥知らずです。
加湿器は不要なくらいです。

冬になると、わが家の朝ごはんの定番は、蒸籠で蒸した野菜です。
根菜が多く出回る冬の時期は、じっくりと蒸籠で蒸しただけで立派な一品になります。
購入したパンやベーグルも蒸籠で蒸すと、寒い冬には子どもたちも好んで食べています。
夜ごはんでは、野菜と一緒に豚肉も蒸すことも多いです。豚肉の余計な油も取れるので、ダイエット中の方にもオススメです。

野菜もとれて、乾燥知らず!

蒸籠を新しく購入しました

この記事を書いているタイミングは、楽天マラソン期間中です。

ずっと以前から気になっていた、職人さん手作りの天然ひのきの和せいろが、楽天マラソン期間中に20%OFFになっていました!

サイズの小さめを欲しかったので、今回はこちらの18㎝を購入しました。


【先着クーポン20%OFF】【受注生産】国産 天然ひのき製 手作り桧曲輪和せいろ6寸(18cm)セイロ 曲げわっぱ 調理器具 蒸し器 萬力屋 岡本商工

受注生産なので、11月くらいには届く予定です。
また届いたらレビューしたいと思います。